カテゴリ:
こんにちは、「あだ名はPython」です。

絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組み
小田 圭二
翔泳社
2014-06-21


「絵で見てわかる システムパフォーマンスの仕組み」を読んでみました。

内容紹介
システムパフォーマンスの要点を効率的に学べる決定版!

Webシステムが主流となりつつある昨今、急激なアクセス増加や高負荷処理にも耐え、パフォーマンスを維持できるシステム作りが求められています。
しかし、パフォーマンスの考え方は一朝一夕に身につけられるものではなく、開発・運用現場で長年の経験を積んだ末にノウハウと共に得られるものです。


本書は、開発・運用の現場で多くの案件を経験してきたベテランのコンサルタントたちが、その経験から得られたノウハウとともに、システムパフォーマンスの基礎をわかりやすく解説するものです。
パフォーマンスの概念から、分析方法、チューニングの考え方、実際の製品を想定したパフォーマンスまで、幅広く取り上げます。
理論だけでなく、実例を挙げながら解説するので、実践的な知識を得ることができます。
また、パフォーマンスはシステムアーキテクチャと密接につながっているため、パフォーマンスを学びながら、システムアーキテクチャを効率的に学ぶこともできます。
本書では、Web3階層やバッチ処理に加え、仮想化環境やクラウド環境を扱います。


内容(「BOOK」データベースより)
近年のシステムには、十分な機能は当然のこと、急激なアクセス増加や高負荷処理にも耐え、パフォーマンスを維持できることが求められています。
しかし、パフォーマンスの考え方は本来、一朝一夕に身につけられるものではなく、開発・運用現場で長年の経験を積んだ末にノウハウと共に得られるものです。
本書では、現場で多くの案件を経験してきたベテランのコンサルタントたちが、その経験から得られたノウハウを含め、システムパフォーマンスの知識をわかりやすく解説します。
理論でけでなく実例を挙げながら解説するので、実践的な知識を得ることができます。
インフラエンジニア/アプリ開発者/システム運用管理者など、システムパフォーマンスとかかわりのあるすべての方へおすすめの一冊です。